葬式という儀式の意味を考えましょう

葬式は、一般的には、故人との別れの儀式と言われますが、地域や宗教などによって色々な意味合いを持ちます。
ですから、必ずしも故人との別れを悲しむのではなく、故人の新しい旅立ちと捉え明るく祝う場合もあります。
とは言っても、多くは故人との別れを惜しみ、故人の旅立ちを祝うという意味合いでなしに現世から送り出す悲しみの場であり、遺族のために関係者が何をするかを考える場です。
しかし、共通した考え方があります。
それは、生きることと死ぬことの意味を考える場であると言うことです。
葬式で死を目の当たりにして、はじめて自分が生きていることを実感できるのではないでしょうか。
葬式は悲しい場所と捉えても、新しい旅立ちの祝いでめでたいと捉えても、故人が亡くなったという事実に対しては参列者が無力です。
葬式に参列する場合、故人については生前の功績を偲ぶと共に背景である宗派やその地方の風習を良く調べるのと同様に、自らが生きている意味を考えみましょう。
命ある者はいずれは死をむかえます。
その意味を知り、考えていく場にしたいものです。

貴女のサイズに完璧フィット

最高のホテルマンに

お葬式の関心度の高まりも今の背景にあり

今は葬儀に費用をかけない時代となり、多くの人が家族葬ですませています。
身内と親しい人たちとの葬儀は、コンパクトで小さいですが、それでも内容が良いので多くの人が納得しています。
なんといっても、最近ではお葬式に関しての関心が高まっています。
その背景には高齢者社会といった現実があります。
今の日本は世界的に長寿国となり、ベスト3に入っているくらいです。
そして、100歳を超える人口はなんと6万人にもなっています。
65歳以上の人は、4人に一人という現実がありますから、多くの人が葬式に関心を持つ比率も高くなっています。
今は、お葬式のスタイルもいくつかあり、一般葬儀もありますが家族葬や密葬に一日葬に火葬式があります。
住宅ローンのことを考えて、火葬式で済ませるといったスタイルを取っている家族もいます。
外見でなく、中身が問題なので冥福を祈る気持ちがあればスタイルは気にしなくても良いわけです。
今後も、葬儀に対して関心が増えていく事は間違いありません。