祖父のお葬式が一番心に残っています

年齢を重ねるにつれ、お葬式に出席することも多くなりました。
ある意味、自然なことなのだと思います。
葬儀の意味も、そこに至る過程も曖昧で、良く理解していない子どもの頃と比べ、大人になると全てがハッキリしている筈ですが、不思議なことに、心に残っているお葬式は、幼少時に行われた祖父のものです。
当時は、何が起きているのか分からず、とにかく正座をしなくてはいけなかったので、早く終わらないだろうか、足がしびれて辛いというくらいにしか思っていなかったと思います。
祖父が亡くなってしまったということは分かっていても、どうして亡くなってしまったのかが分からない程に幼かった時です。
それでも、お経の感じであったり、お坊さんの数、袈裟の色、線香やお寺の匂いなど、思い出すことが出来るのは、祖父のお葬式だけです。
祖父のお葬式を含め、もう何十と経験してきていますが、いつも頭に浮かぶのは祖父のお葬式というのは、とても不思議なものの、何か祖父との縁を感じ、嬉しくもあります。

御社にとって最適なサイト構成をご提案

義烏スマイルランナー

お葬式のマナーをきちんと学ぶ事も大切です

お葬式の準備を自分で進める必要が出てくる場合もありますし、社会人となり、いろんな知り合いができる中で、結婚式などのお祝いごとに出席する機会もあれば、お葬式に出席する必要が出てくる方もいます。
お葬式に出席する際に、丁寧な対応ができるように、きちんとマナーを押さえておくことも重要になります。
何も知らない状態だと、何をすればよいのかわからないまま、恥をかいてしまうこともあり、丁寧なあいさつができるように、言葉遣いなどをきちんと学ぶ事も大事です。
また、葬儀のマナーをきちんと学んでおくことで、次に何をすればよいのかなど、行動を起こす時も落ち着いて考えていくことができます。
マナーをきちんと学んでいきたい時に、基本から学ぶ事ができる本を読んでおくことで、何も知らない状態と比べると、大きな差が出てくることがあります。
落ち着いて葬儀に出席できるように、事前に学び、基礎知識を身につけておくことも必要なことです。