葬式は地域差と時代差を反映する儀式だから

お葬式は亡くなった人との最期のお別れをするための悲しい場となります。
この悲しい場での儀式を行うにはそれなりのしきたりというのがあります。
このそれなりのしきたりは仏教である場合は、大局的にはほぼ全国的に似たような行為となります。
焼香を行う際の手順も似たようなものだし、お経を唱える行為も似たようなものとなります。
しかし一部の細かい行為に関しては地域差と時代差を反映することとなります。
例えば遺体を火葬場へ搬送して焼却された後には骨拾いというのがあります。
大半の地域では喪主とその家族数人だけで行いますが、一部の地域では親族全員でやる場合もあります。
また同じお寺さんや葬儀業者の会場を利用するにしても、常に全く同じ行為をしてくれるとは限りません。
これも時代差を反映して数年前にやっていたことを廃止していたり、逆に見かけなかった行為を見かけるようになったとかなどがあります。
そのために昔はそうだった、自分とこはこうだったと指摘するのではなくて、郷に入れば郷に従え的な感じで柔軟に臨機応変に対応していく必要があります。

スタイリッシュなエステ用デザイン服

安全で楽しいダイブを

自分が望むお葬式の形と家族の多様化

最近お葬式の形も多様化してきました。
昔は家族の形態が決まっており、常識を守ることが何より大切とされてきました。
しかし、家族の形が多様化し、お葬式の形も家族に合う形で行うことが多くなりました。
昔ながらの形式で行う方がいれば、自分の望む形で式を行う方、家族だけの小さなお葬式を望む方、いろいろです。
もう若くないなと感じたら、自分がどのような形でお葬式を行ってほしいのか考えておくとよいかもしれません。
昔は自分の自由にするということは、わがままなこと、と考えられてきました。
時代が変わり、自分がどうしたいのかを大切にする時代と変化しました。
自分の意志を持つことは我儘とされてきたため、なかなかどうしたいのか考えることが難しいかもしれません。
じっくりと自分はどうしたいのか考えてみることをお勧めします。
イベントが開催される会館もあるため、参加してみるとよいかもしれません。
気軽に最近はどのような形で行うのが主流なのかチェックすることができるため参考にすることができます。